わきがの臭いは消せる|元凶を断って半袖も難なく着れる

保険適用手術もあります

脇

思春期から始まる

私たちの体には汗を出す汗腺が2種類あり、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれています。エクリン腺からの汗は1%ほど塩分やアンモニアなどが含まれているだけで、残りの99%は水分です。臭いもほとんどありません。全身にエクリン腺があり、汗をかくことで体温調節をしています。一方のアポクリン腺からの汗は、タンパク質や糖質やアンモニアなどが多く含まれているため、粘り気のある汗です。汗をかいた直後には臭いはほとんどありません。しかしこの汗は、細菌によって分解されると臭いが発生します。アポクリン腺は腋や外陰部、耳の中などにあります。アポクリン腺は、性ホルモンの影響を受けて発達するため、思春期になると分泌が盛んになります。わきがは、アポクリン腺の発達する思春期になると起こりやすくなります。アポクリン腺は誰にでもある汗腺ですが、皆が皆、わきがになるわけではありません。わきの臭いは、アポクリン腺の数や大きさによって決まります。アポクリン腺の数は、人それぞれ決まっていて増えはしませんが、大きさは思春期になると大きくなるようです。アポクリン腺からの汗の臭いは、もともとはフェロモンの役目があったようです。そのために、思春期になると分泌が盛んになるようです。

アポクリン腺の除去で解決

このように、わきがはアポクリン腺の数が多いことなどが原因で起こりますので、根本治療をしない限り、なかなか改善しません。わきがの治療としては、制汗剤の使用やボトックス注射、手術などがあります。まだ思春期でしたら、制汗剤で対処する方がいいでしょう。アポクリン腺の発達途中で手術をしても、効果が得にくいようです。ボトックス注射は、汗の量を減少させることにより臭いの軽減をはかります。手術のように切開することもないかわりに、定期的に注射を打つ必要があります。一度の注射でおよそ半年ほど効果が持続するようです。手術によるわきが治療は、わきを切開してアポクリン腺など汗腺を除去する方法です。切開しますので、傷口は残りますが焼く3カ月ほどで目立たなくなります。手術時間も短いため、入院の必要もありません。保険適用の手術となるため、費用は5万円前後と言ったところです。その他にも、マイクロウェーブ照射をして汗腺にダメージを与える治療法もあります。これは切開が必要ないので傷口も残りませんが、自由診療となるため数十万円の費用がかかるようです。わきが治療を行っている病院のホームページには、手術法や費用などが掲載されていますので、参考にしてみてください。