わきがの臭いは消せる|元凶を断って半袖も難なく着れる

わきの臭いが気になる方

腕を触る女性

臭いがなくなります

わきの臭いは、気になる所です。特に、わきがですと臭いが強い為、男女問わず悩まれている方はたくさんいます。そんな方には、病院での治療をお勧めします。わきがの主な原因は、アポクリン腺から出る汗にあります。汗自体は無臭なのですが、アポクリン腺の汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニア等の成分が分解させることで、ツンと鼻につく独特の臭いを発するようになり、皮脂が混ざることで、さらに臭いが強まります。そして、汗腺であるエクリン腺から出る汗が蒸発する際に、先ほどのアポリン腺から出る汗の臭いを一緒に拡散させてしまうことで、身体全体が匂うようになってしまいます。わきがは、体質によってなりやすい人となりにくい人が決まってしまいます。悩まずに、病院に行き治療を受けることが大事です。病院では注射や手術で治療を受けるのですが、確実に臭いを無くしたいなら手術を受けることをお勧めします。手術方法としては、剪除法、非直視下手術法等の方法があります。剪除法とは、脇の下の皮膚に横切開を加え、皮膚を剥がし、目視で確かめながら、はさみで汗腺を切除する方法です。切開範囲としては、5cm程の大きさです。臭いの元となる汗腺を確実に取り除くことができるので、ほぼ間違いなく臭いを消すことができます。

保険で費用抑えれます

わきが治療を受ける際に、心配な事として料金があります。手術を受けるので、お金がとても掛かるのではと心配されている方も多いと思います。実は、わきが治療は保険が適用される場合があります。病院によって料金は違っているのですが、両脇の手術で4万円程です。ただし、どの病院でも保険が適用されるかというとそうではないです。病院によっては、保険が適用されない自由診療のみの所もあるので、事前に調査することが大事です。最近ですと、インターネット上に保険適用病院が載っているのでお近くの病院が探しやすくなっています。もし、自分が行きたい病院が、保険適用できるかどうか分からないようでしたら、直接、問い合わせることで解決できます。次に、保険が適用される治療方法が限られています。剪除法での手術は保険が適用されるのですが、その他の治療方法について、適用されるかどうか病院によってまちまちです。事前に病院に確認しておくと後々、料金でもめることが無いです。また、保険が適用されるとしても医療費が高額なので、確定申告での医療控除も忘れずに行いましょう。医療控除では、治療費だけでなく通院にかかった交通費や薬代も対象になります。わきがは治る病気ですので、悩む前に病院に行って相談することをお勧めします。