わきがの臭いは消せる|元凶を断って半袖も難なく着れる

ワキの臭いを改善するには

カウンセリング

日本人の約1割が悩む

「汗臭い」という言葉はどことなく不潔な印象のある人を形容する際に使われたりしますが、スポーツマンや肉体労働者などを賛美する言葉として使われることもあります。いずれにしても、いくらか象徴的な意味合いの言葉であることに変わりはありません。しかし、世の中には文字通り汗が臭う体質の人がおり、それが大きな悩みになっているケースがあります。それが「わきが」で、時には医療機関における治療の対象となることがあります。わきがはまたの名を腋臭症ともいい、腋の下に多く集まっているアポクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗がイヤな臭いを発してしまう体質のことをいいます。その臭いは一般的に「汗臭い」と言われる場合の酸っぱいような臭いとは異なり、発酵食品のようなツンとした独特のものです。ただ注意が必要なのは、実は汗そのものは無臭だということです。わきがが臭うのは、アポクリン腺から発せられる汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質などの成分が皮膚や体毛に棲む雑菌に部解され、臭いを発する物質が生成されることによるものだとされています。日本の総人口に占めるわきが体質の人の割合は10パーセント程度と言われています。これは欧米に比べると極めて低い数値ですが、少数派である分却って気に病んでしまう人も少なくありません。

本格的な改善は医療の力で

わきがは汗と常在菌が原因となることが明らかになっているので、改善するには腋の下を常に清潔に保つことが重要です。アルコールで消毒したり、制汗剤を使用したり、場合によっては腋毛を処理したりすることは臭いを抑えるのにある程度有効です。しかしこれらの方法はいずれも一時的な効果しか得られません。本格的な改善を望むのであれば、やはり専門医の許で本格的な治療を受けるのが賢明です。わきがの治療は外科手術が基本となります。手術にはいくつかの種類がありますが、最も一般的なのは剪除法と呼ばれるやり方です。これは腋の下を切開し、アポクリン腺をハサミで直接切り取っていくというものです。その他の手術法としては吸引装置によってアポクリン腺を吸い出してしまう方法、組織を削り取るようにしてアポクリン腺を破壊する方法などがあります。いずれも剪除法に比べるとダウンタイムが短くて済みますが、再発率がやや高くなります。また、最近では手術によらない治療法も導入されています。それはマイクロウェーブを利用した治療で、肌の上から照射することでアポクリン腺を破壊するというものです。保険適用がないため治療費は高額になりますが、身体に傷跡が残らないということで人気を呼んでいます。